トーキョースパムCHANNKOSUMO

トーキョースパムCHANNKOSUMO

トーキョースパムCHANNKSOUMO3

トーキョースパムCHANNKOSUMO

孔版画は、インクが通過する孔(あな)とインクが通過しないところを作ることで製版し、印刷する表現。ステンシルが孔版画の特質を表しているが、現在では、シルクスクリーンが一般的で、製版された版にスキージと呼ばれるゴムへらのようなものでインクを紙へと押し出す。シルクスクリーン製版法は様々で、切り抜かれた型紙をスクリーンに貼り付けるカッティング法、直接、スクリーンに乳剤を塗りつける直接法、特殊な描画材で描いた上に乳剤を塗りつけ、描画材の部分のみを剥離させる直間法などがあるが、現在もっとも一般的であるのは、露光でスクリーンに定着する感光乳剤を利用する写真製版法である。 長く商業印刷として利用されてきて、版画表現としては歴史が浅く、50年代後半以降、アメリカ、ネオダダイズムの作家、ロバート・ラウシェンバーグ、ポップアートの作家、アンディー・ウォーホルらがシルクスクリーン版画作品を積極的に発表して以来、芸術メディアとして認知されるようになった。日本人作家では、東京国際版画ビエンナーレで注目された木村光佑、木村秀樹などが代表的で、また横尾忠則などのデザイナーによる表現も活発であった。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中